バーベキューやキャンプで初心者がつまずきやすい「火起こし」ですが、アイテムを使うと意外と簡単です。

そこで今回は、火起こしに役立つ便利なアイテムを紹介していきます。

火起こしにチャレンジする前に必ず押さえておきたい注意点も、あわせて参考にしてみてください。火起こしが苦手な方は必見です。

バーベキューで火起こしをする際に使える道具

火起こし完了赤コンロ

「初めての火起こし、上手く行くか不安…」「いつもベテランの友人に助けてもらうけど、自分でもできるようになりたい!」というバーベキュー初心者におすすめしたいのが、火起こしを簡単にするアイテムを使うこと。

今回は「着火剤・火おこし器・火おこし鍋・ガスバーナー」の、4つのアイテムを紹介していきます。

着火剤(ジェルタイプ・固形タイプ)

バーベキューの火起こし風景

火起こしを簡単にするアイテムとしてポピュラーなのが「着火剤」。着火剤は燃えやすい成分を含んでいるため、すぐに火がつくのが特徴です。

着火剤が燃えることによって、火のつきにくい薪や炭などの燃焼を助けてくれます。

着火剤には、炭に直接塗りつける「ジェルタイプ」と、炭の上に置く「固形タイプ」があります。

バーベキューで火おこしに便利な着火剤ジェルタイプ

ジェルタイプ」は火をつけやすく、火力が強いのが特徴です。チューブやパックに入っているため湿気を気にする必要がないのが嬉しいポイント。

ただ固形タイプと比べると割高な傾向があるため、バーベキューの頻度が少ない方におすすめの着火剤です。

バーベキューで便利な固形着火剤豆炭

固形タイプ」はジェルタイプと比べて量が多くコスパが良いので、何度もバーベキューを行う予定の方におすすめです。

形・大きさ・品質が一定で火力調整がしやすく爆ぜない「チャコール型」、着火剤と炭の両方の役割を果たす初心者向けの「豆炭型」など、色んなタイプがあるので用途によって使い分けできます。

バーベキューで便利な湿気に強い固形着火剤LOGOS防水・ファイアーライター

固形タイプは湿気に弱いデメリットがありますが、水に強い防水タイプのものもあります。

炭が湿気っている時や湿気の多い時期のバーベキューでは「【タブレット型】LOGOS 防水・ファイアーライター」がおすすめです。

バーベキューの時期や頻度、使う道具のコンディションなどに合わせて着火剤を選んでみてください。

火おこし器

バーベキューで便利な火おこし器

炭と着火剤を入れて火をつけた後は、放置するだけで簡単に火が起こせる筒状の容器「火おこし器」。下の方に着火剤を詰めて、上の方に炭を縦方向に入れます。

温まった空気が上昇する煙突効果を利用して火起こしできる、バーベキューアイテムです。

炭を良い感じに積んだり、うちわであおぎ続けたりなどの労力から解放されるため、火起こしで疲れたくない方にはピッタリです。

家族バーベキューで夜の焚き火風景

コンパクトに折り畳めるタイプや燃焼効率が良く煙が出にくいタイプ、火おこしの他に焚き火やコンロなど様々な使い方ができるタイプ、火消し壺と兼用できるタイプなど、多くの商品があります。

バーベキューに行く手段や人数など、自分の状況に合った火おこし器を選ぶと良いですよ。

火おこし鍋

バーベキューで便利な火おこし鍋

底が網状になっている取手付きの鍋「火おこし鍋」。こちらはガスコンロやガスグリルを持っている方におすすめのアイテムです。

鍋の中に炭を入れたら、コンロやグリルの上に置いて炭に火を当て続けることにより着火させます。

取手がついているため、炭の移動など使い勝手が良いのが特徴です。

カセットコンロの使用禁止

非常に便利な火起こし鍋ですが、カセットコンロでは使用しないように注意してください。

火おこし鍋はかなり高温になるため、輻射熱によりガスボンベが爆発する危険性があります。

どうしても使用する場合は、輻射熱の対策やガスボンベの冷却など、十分な安全性を確保してください。

ガスバーナー

バーベキューで便利なガスバーナー

高火力で炭を炙り続けることで着火する火起こしアイテム「ガスバーナー」。着火剤と合わせて使用することで、より効率的な火起こしが可能になります。

いきなり大きな炭に着火させるのは難しいので、小さな炭から着火させるのがコツです。

非常に火力が強いため、取り扱いには注意しましょう。

バーベキューの火起こしアイテムガスバーナーで焼くチーズ

ガスバーナーは火起こし以外にも使えるのが嬉しいポイント。魚やチーズなど炙る料理やチョコレートや砂糖など溶かす調理にも使えます。

バーベキューでも家でも使えるので、料理の幅を広げたい方は持っていて損しないアイテムです。

バーベキューで火起こしをする際の注意点

大人数でのバーベキューの火起こし

バーベキューの火起こしには注意点がいくつかあります。

今回紹介した便利な火起こしアイテムを使用する場合でも、火起こしの基本は同じです。火起こしに苦手意識がある方は、今一度復習してみましょう。

火の勢いを強くするため、酸素が入りやすくしよう

バーベキューの火起こしのための炭並べ

火は酸素があると燃えやすくなります。炭を積む時は、酸素が入りやすいように隙間を開けて並べるのがポイントです。

酸素が入ると火の勢いが増すので、炭に着火しやすくなりますよ。

炭を高く組んで、煙突効果を利用しよう

煙突効果を意識した炭

暖かくなった空気は上昇し下から酸素を取り込むため、下から上に空気の流れができます。この煙突効果を利用するため、炭を積む時は煙突のように高く組んでいくのがポイントです。

空気の流れができると、うちわなどで風を送る必要がなくなるので、楽に火起こしできるようになります。

炭が白くなるまで触らない・崩さない

バーベキューの火おこしで白くなりゆく炭

炭が白くなったら着火完了のサインです。炭が白くなるまでは炭に触らないように注意しましょう。

手持ち無沙汰だからといって炭を崩したりすると、炭が爆ぜる可能性があるので危険です。

途中で着火剤を追加するなどの作業も、突然火力が強くなって火傷する恐れがあるのでやめましょう。

炭が白くなるまで、のんびり見守るのもバーベキューの醍醐味です。

まとめ

無事に火起こししてみんなで楽しむバーベキュー

今回は火起こしの際に使える便利アイテム「着火剤・火おこし器・火おこし鍋・ガスバーナー」を紹介しました。

火起こしはバーベキューやキャンプ初心者が苦手意識を持ちやすい作業ではありますが、道具を使えば簡単に乗り切れます。

火起こしの注意点を復習したら、自分に合った火起こしアイテムを手に入れて、火起こしスキルを習得してみてくださいね。