楽しい楽しいバーベキュー。外でみんなでワイワイしながら食べるお肉は絶品ですよね。

でも、なんでバーベキューって「バーベキュー」って言うんでしょうか?

なんで「BBQ」って略すのでしょうか?

そんなこと知らなくてもバーベキューはできますが、知ってたらもっと楽しくできますよ!

今回は、知ると面白いバーベキューに関する知識を紹介します。

バーベキューは元々ハイチ語だった!? 由来を紹介

「バーベキュー」の語源は、元々「肉をあぶる木製の台」を意味するハイチ語だと言われています(諸説あります)。

16世紀に入植したスペイン人により調理法を表す言葉と勘違いされ、その後スペイン語で「丸焼き」を意味する「Barbacoa(バルバコア)」に変化していったと言われています。

そして、大航海時代に英語圏へその言葉が伝わった際に「グリルで焼いた肉」を表現する言葉として解釈され、英語で「Barbecue」になったと言われています。

バーベキューは、元々は勘違いから始まった言葉だったんですね。

 

バーベキューをBBQと略す理由とは

日本でも、バーベキューは略して「BBQ」と書くことがありますね。これはバーベキューが米国で一つの食文化と言えるほど広がる中で、英語の「Barbecue」が略されて「BBQ」となったと言われています。

BBQのBは「bar」、次のBは「be」Qは「cue」の発音をアルファベットにしたものです。

アメリカンスタイルとジャパニーズスタイルの違い

アメリカと日本では、バーベキューのスタイルが異なります。

日本式のバーベキューは、キャンプ場や河原などでみんなでワイワイやることが一般的です。

薄い焼肉用のお肉と野菜を網焼きにして、最後に焼きそばで締めるのがオーソドックスな流れですね。また、日本ではレジャー感覚で楽しむ人が多いと思います。

アメリカでは、家の庭でバーベキューをするのが一般的です。家でホームパーティー感覚でバーベキューを楽しむ家族が多いです。

厚手のステーキやスペアリブ、ビア缶チキンなど、肉を時間を掛けて調理し、ゆっくり楽しみながら食事をするスタイルです。

アメリカンスタイルは、バーベキューの作り手は基本的にホームパーティーのホスト役のお父さんです。

バーベキュー料理によっては長時間かかるものがあり、夕方からのBBQでも準備は朝から始めることもあるようです。

アメリカでは、一家に一台バーベキューグリルやバーベキューコンロを持っていることも多いです。庭に固定式のバーベキュー・ピットなどの専用設備がある家も珍しくありません。

アメリカンスタイルの発祥の地はテキサス

アメリカンスタイルのバーベキューは、アメリカ南部のテキサス州の発祥と言われています。

16世紀にアメリカ大陸へ渡ったスペイン人から伝えられたとされています。

スペイン料理の「豚の丸焼き」と、ネイティブアメリカンの肉を低温で長時間煙に当てる「燻製」が合わさってできたものが、現在のアメリカンスタイルのバーベキューと言われています。

使うお肉にも、スタイルによる違いがあります

日本とアメリカではスタイルの違いと共に、使用する肉にも違いがあります。

バーベキューが日本に広まったのは、1980年代にアウトドアがブームになったころと言われています。

経済が上向きだったバブル時代と重なっているので、より一気に日本中に広まりました。

日本式のバーベキューは、焼肉用のお肉を使うのが一般的です。

日本式のバーベキューはカルビやロースなど、柔らかくて脂が多いお肉が好まれます。野菜や魚介を一緒に焼くことも多いです。

アメリカンスタイルのバーベキューでは、使う食材は牛や豚に限らず、地域によってはラムやターキーも使用します。

日本との違いは、リブやブリスケットなど脂身が少ない赤身肉が人気なところです。

そして、アメリカのバーベキューにはハーブやスパイス、バーベキューソースが欠かせません。

お肉が違うので、調理方法にも違いが出てきます

日本は、韓国式の焼肉(コリアンバーベキュー)に近い調理法をすることが多いです。

高温の炭火で、薄めの肉や野菜や魚介を焼くのが一般的です。

みんなでワイワイ、焼く過程も楽しみながら食べるのが日本式です。

準備から調理、食事まで2~3時間で済ませることが多く、短時間にカジュアルに行うのが特徴です。

アメリカンスタイルは日本式の薄い肉ではなく、大きな塊肉を使うため、調理に時間がかかります。

薪で火を起こし、直火を避けて低温でじっくり火を通していくスタイルが一般的です。

バーベキューの調理をするのは、基本的にホスト役の父親が行います。調理に時間がかかり、準備から食事まで4~6時間かかることもあります。

朝から準備して、焼きあがったら盛り付けまで済ませてからみんなで食事を楽しみます。

下味の付け方にもスタイルの違いがあります

日本式のバーベキューはお肉を焼いた後に焼き肉のタレや塩コショウ、レモン汁などをつける、いわゆる焼肉のスタイルでバーベキューを楽しみます。

アメリカのバーベキューでは、最初にしっかり下味をつけて肉を焼くのが一般的です。

お肉の下味として、ハーブやスパイスなどのシーズニングを焼く前にすり込みます。マリネソースなどに漬け込んで下味をつけることもあります。

タレもバーベキューソースをたっぷりつけて食べるのが特徴です。さらにバーベキューソースにハニーマスタードを加えて食べるのも好まれています。

まとめ

バーベキューと言うと、いわゆる日本式のバーベキューを思い浮かべると思いますが、気分転換にたまにアメリカンスタイルを取り入れてみるのはいかがでしょうか?